病院紹介 ・ごあいさつ ・診療方針

病院紹介 ・ごあいさつ ・診療方針

院長からのごあいさつ

メンタルホスピタルかまくら山(旧林間病院)は昭和30年に開設して以来、
一貫して地域に密着した医療の実現を目指して参りました。
時代による変遷の中で、うつ病や躁うつ病といった気分障害や統合失調症に加え、思春期の心の健康、就労者や主婦のストレス性障害、高齢者の認知症、アルコール依存症など、精神科医療のあり方も大きく変化しています。
当院はそんな多様化するニーズに応えながら、都会の喧騒を離れ、豊かな自然の中で人と人のつながりを大切にし、
安心できる場所でありたいと考えています。
治療では患者様や御家族の目線で一緒に考え、寄り添う医療を大切にします。
こころの病は御家族でも理解が難しく、患者様と御家族で思いがすれ違い、
さらなる苦しみを引き起こしていることも珍しくありません。
私どもは専門家として、患者様、家族双方の代弁者となり相互の理解を深めるお手伝いをさせて頂きます。
今後も、地域の皆様方、支援者の方々の後押しを受けながら、地域の医療・介護・福祉との連携を一層進め、
地域医療を担う病院として更に貢献していけるよう、職員一同努力して参ります。

院長 恩田 義幸

米国Shepherd Univ 卒業
信州大学医学部卒業
精神保健指定医
日本精神神経学会 専門医、指導医
日本医師会認定産業医
日本精神分析学会会員
東京家政大学非常勤講師(平成25年~平成27年)

趣味は登山、マラソン、トレイルランニング
レトロバイク等

渡邉 直樹

名誉院長
ドイツRuprecht-Karls-Universität Heidelbergでマギスター(修士)資格取得
弘前大学医学部卒業
精神保健指定医
日本森田療法学会理事
日本児童青年精神医学会専門医
日本精神神経学会専門医
日本医師会認定産業医
日本催眠学会顧問
日本老年精神医学会専門医
日本摂食障害学会功労会員

趣味はラグビー

当院の診療方針

  • 1.精神科専門医療機関として、地域に開かれた病院を目指します。
  • 2.地域との連携を密にし、地域医療の充実と向上に努めます。
  • 3.患者様やご家族様にとって安心・安全な医療を提供します。

当院の診療方針